治療内容VOICE THERAPY

アレルギー性鼻炎には通年性と季節性があります。通年性アレルギー性鼻炎の代表はハウスダストアレルギーです。また季節性のアレルギー性鼻炎の代表が花粉症です。

特に2月から3月にかけてのスギ花粉症が有名ですが、スギ花粉が終わった後にヒノキ、秋のブタクサ、イネ科などほかの植物が原因となることもあります。花粉症患者数は増加しており、日本の人口の約30%が花粉症といわれて、国民病ともいわれます。

アレルギー性鼻炎とは何らかの物質に対してアレルギー反応を起こすことによっておこる鼻炎のことですので、その原因物質を調べておくことは治療するにあたって大切なことです。採血にて原因を判断することが可能です。

治療はアレルギーを引き起こす物質を吸い込まないことであるといえば簡単ですが、外へ出て生活している以上そんなに簡単にいきません。またハウスダストアレルギーであれば家のホコリが原因になります。マスクやゴーグルが市販されていますが、非常に有効な手段であるといえます。

しかし、これだけで完全にはシャットアウトすることができず、症状が治まらなかったり、四六時中マスクをしているわけにもいかないこともあるでしょう。耳鼻咽喉科で行うアレルギー性鼻炎の治療は抗アレルギー剤(抗ヒスタミン剤、ケミカルメディエータ遊離抑制剤)の内服、ステロイド剤の点鼻を組み合わせます。

鼻の処置として血管を収縮させ、ネブライザーによる治療を行います。これでも効果が少なければ、ステロイドの内服やレーザー治療などの手術を考えます。

副鼻腔炎には急性副鼻腔炎と慢性副鼻腔炎があります。急性副鼻腔炎ではいつもは鼻の調子が悪くないのに急に汚いハナが出たり、頬や額が痛くなったり、同時に熱が出たりすることがあります。左右片方だけの症状であることも多いです。

一方慢性副鼻腔炎は常に炎症を起こしている状態で、ポリープ(鼻茸)があれば慢性的に鼻づまりを起こしている状態です。

急に炎症が悪くならなければ痛みはあまりありません。鼻がつまっているので匂いも分かりにくくなります。

急性副鼻腔炎は細菌感染が原因になりますので、膿をよく吸引して、抗生剤の投与が基本になります。慢性副鼻腔炎ではまずは鼻の処置、ネブライザー、抗生剤などの内服を行います。しかし効果がない場合や重症な場合、中には腫瘍による鼻閉もありますのでそのような時は手術が勧められます。適切な病院へ紹介させて頂きます。

鼻血は特に子どもはよく出ることがあります。目や耳から血が出ることはほとんどないのに、鼻血はどうして出るのでしょう。

鼻の中で左右に分けている鼻中隔という構造があります。ちょうど鼻の入口に近い鼻中隔の粘膜には細い血管が集まっています。この場所をキーゼルバッハ部位と呼びます。くしゃみや鼻をほじるなどの刺激でこの細い血管が切れて出血します。

出血を止める一番の方法は押さえることです。まず鼻血が出たら、小鼻を両側から圧迫するように手でしっかりつまんでください。ティッシュペーパーを詰めたりする必要はありません。

10分〜20分で止まらないような出血は、キーゼルバッハ部位からの出血ではない可能性がありますので、専門医が止血する必要があります。出血点がわかればその場所を焼いて出血を止めることができます。

鼻血を絶対に出なくする薬というものはありませんが、鼻血を止める方法を知っておくだけでもあわてずに対処できることもあります。

扁桃に白いぶつぶつや、膿がべっとりと付く急性扁桃炎によるものと、のど全体の炎症である急性咽喉頭炎などがあります。どちらもウイルスや細菌感染によるものですが、厳密には違う病気とされています。

のどに炎症を起こすと、飲み込みにくくなりますので栄養が取れなくなったり、脱水になったりします。ですので、早期の治療がとても大切です。また、扁桃炎を繰り返す場合には手術で扁桃をとることでよくなる場合があります。扁桃とは違う場所が炎症を起こす病気ですと、この手術の適応ではないので、きちんと診断する必要があります(年間4回以上扁桃炎による発熱や痛みが出る場合に適応となります)。

また、お酒を飲みながらカラオケをしたり、大きな声を出しすぎたり(経験のある方が多いと思いますが)、声帯を酷使した場合にも声がかれてのどが痛くなります。声帯炎の場合は声を出すのを控えめに、のどを乾燥させないように安静にすることが大切です。

子どもの突然の耳痛は急性中耳炎であることが多いです。急性中耳炎は細菌やウイルスが中耳に入り、急性の炎症を起こす病気です。細菌やウイルスが鼻の奥で中耳と通じている耳管〈じかん〉を通って耳に入ると、粘膜に炎症をひきおこします。

子どもは耳と鼻の高さが水平に近いため、耳管を通って細菌やウイルスが入りやすく、中耳炎を起こしやすいのです。鼻やのどの炎症に引き続いておこることが多いとされています。

抗生剤と消炎鎮痛剤で治療します。また重症の場合は鼓膜を少しだけ切って膿を出すこともあります。耳かきをしすぎて、炎症を起こすものは外耳道炎です。耳かきをしないと気持ちが悪いという方は多いと思いますが、これが耳痛の原因となることがあります。耳かきをすることによって炎症を引き起こし、余計にかゆくなったり、痛くなったりする悪循環を起こすことがありますので注意が必要です。

扁桃炎など、のどの炎症が耳痛として感じることがあります。これは耳への放散痛といいますが、舌咽神経、三叉神経、迷走神経といった咽頭(のど)と耳に共通して存在する神経が刺激されてあたかも耳が痛いように感じることがあるのです。

難聴の原因が外耳(耳の穴から鼓膜まで)や中耳(鼓膜から耳小骨のある空洞)にある場合、音が伝わらないことによる難聴である、伝音難聴〈でんおんなんちょう〉になります。

慢性中耳炎は鼓膜に穴があいている状態、浸出性中耳炎は液体(滲出液)がたまって音が伝わらなくなる状態になります。多くは、治療によって聞こえを回復させることができます。

難聴の原因が内耳(カタツムリ状の蝸牛から聴神経)から脳までの間にある場合、感音難聴〈かんおんなんちょう〉となります。年齢とともに聞こえが不自由になる老人性難聴や原因不明の突然起こる突発性難聴、大きな音を聞いたことによる音響外傷や騒音性難聴などがあります。

一般に年齢に伴う難聴は高音から聴こえが悪くなります。高い周波数の子音を多く含む言葉(カ行サ行)例えばシカなどの言葉から聞き取りにくくなります。突発性難聴は1週間以内にステロイドによる治療が必要であるとされています。

突然聞こえが悪くなった場合は、その原因を早急に判断しなければなりません。年齢に伴う難聴では聞こえが改善することはまずありませんので補聴器を使うことを考えます。難聴の原因はたくさんありますので、それを判断しそれぞれの病状に合わせた治療が必要となります。

予約制(第1・3月曜日、毎週火曜日)で補聴器の相談、調整を行っております。トーシン補聴器センターとの連携で当院で補聴器の相談、購入、調整を一貫して行います。
言語聴覚士は聴覚の知識を持ち、事前に行った聴力検査に合わせて補聴器を調整をして適合検査を行います。補聴器は耳あな型、耳掛け型などの形状や聴力に合わせて出力も各種あり、ご希望に合わせてオーダーメイドの補聴器を作成します。
補聴器の調整・作製はトーシン補聴器センターの補聴器技能者により行っています。

補聴器の適合と相談は一人当たり1時間程度かかりますので予約外来の時間帯に予約制とさせていただいております。

聴力検査室

聞こえに問題がある方には各種聴力検査を行っております。 当院の聴力検査室は隔離した空間を用意しております


▲ ページトップへ戻る

は代診日です

午後診休診

は休診日です

は代診日です

午後診休診

は休診日です

よくあるご質問QA

一般外来のご予約に関する質問をまとめています。

くわしく見る

音声外来についてVOICE CLINIC

二村耳鼻咽喉科では完全予約制の音声外来を開設しております。
詳しい診療方法や声に関する問題でお悩みの方はこちらをご覧下さい。

くわしく見る

補聴器外来についてHEARING AID

当院では予約制の補聴器外来を設けて聴力でお困りの患者様の相談も行っております。

くわしく見る

子どもの中耳炎のお話COLUMN

中耳炎について、コラムを書きました。中耳炎の種類や、家庭でできる手当の紹介をしています。是非ご覧下さい。

くわしく見る

関連病院AFFLIATED HOSPITAL

二村耳鼻咽喉科医だけで解決ができない病気が見つかった場合に連携を取って治療に取り組んでいただける関連病院です。
特に連携が強い大切なバックアップ病院はコチラでご紹介致します。

くわしく見る